結膜異物(よくある目の病気 38)

「よくある目の病気」

第38回目は、結膜異物 (けつまく いぶつ) です。

【症例】

350023_20170912_175339_スリット_N_001

57歳女性。ハードコンタクトレンズ使用者。

顔を上に向けて点眼薬をさした後から、左眼が見えていないことに気づく。

レンズがずれて結膜嚢にはまりこんでいた。

996650_20170621_104349_スリット_N_001

49歳女性。ソフトコンタクトレンズ使用者。

昨晩左眼のレンズを外したら、レンズが半分しか出てこなかった。

レンズの残り半分は結膜嚢にはまりこんでいた。

996235_20170306_100839_スリット_N_001

34歳男性。昨晩から右の上まぶたが腫れていて、異物感を感じる。

抜けたまつげがマイボーム腺の分泌口にはまりこんでいた。

【症状】

異物の種類や障害の程度によってさまざまな症状が出ますが、

主に痛み、異物感、充血、流涙などがあります。

痛みがひどい場合、目を開けるのが困難になることもあります。

【原因】

さまざまな異物があります。

よくある結膜異物の原因としてコンタクトレンズ(特にソフトコンタクトレンズ)が結膜の奥深く(結膜嚢:けつまくのう)にはまり込んでしまい、自力で取れないというものがあります。こういう場合は眼科で取ってもらう方が良いです。

また別のよくある結膜異物の原因として、マイボーム腺の分泌口涙点に抜けたまつげがはまりこんでしまい角膜結膜を傷つけるというものがあります。

【治療】

まず異物をしっかりと確認し、除去します。

異物除去後、念入りに目の洗浄を行い、必要であれば点眼薬を投与します。

障害の程度によっては眼軟膏が必要な場合もあります。

(監修 京橋クリニック院長 佐々原学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加