翼状片(よくある目の病気 33)

シリーズ 「よくある目の病気」

第2章33回目は翼状片 (よくじょうへん) です。

【症例】

995458_20160719_105429_スリット_N_001

44歳男性。左眼の鼻側結膜の組織が角膜に侵入している(翼状片)。

視力は良好。自覚症状もない。

995354_20160618_170457_スリット_N_001

25歳女性。右眼の鼻側結膜の組織が角膜に侵入している(翼状片)。

視力は良好。自覚症状もない。

 

【症状】

主に角膜(黒目)のサイドの位置にある結膜(白目)の組織が、角膜に侵入してくる病気です。

自覚症状がないことも多いですが、異物感乾燥感充血などを自覚する場合もあります。

進行すると角膜に歪みが生じ、角膜乱視が発生し、視力が低下してしまう事もあります。

角膜中央(視軸)まで及んでしまうと、重篤な視力障害を起こします。

 

 

【原因】

原因は不明ですが、加齢や環境因子として紫外線が考えられています。

南国で生活されている方、屋外での仕事をされている方(漁師、農家など)に発症率が高いと言われています。

 

 

【治療】

翼状片が小さいうちは美容的な問題を除き、基本的に放置していても問題ありません。

充血異物感が強い場合は、症状に応じて角膜保護剤非ステロイド性抗炎症剤ステロイド剤などを点眼します。

翼状片が進行し視力障害が起きている場合や、見た目など美容上の要望があるときは手術となります。一般的に翼状片手術後の再発率が高いので、注意が必要です。

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加