濾胞性結膜炎(よくある目の病気 21)

シリーズ 「よくある目の病気」

 

第21回は濾胞性結膜炎(ろほうせい けつまくえん)のお話しです。

 

 

【症例】

 アデノウイルス8型による流行性角結膜炎 診療プラクティスより

アデノウイルス8型による流行性角結膜炎の症例 (眼科診療プラクティスより引用)

 

 クラミジア結膜炎 診療プラクティスより

クラミジアによる結膜炎 多数の大型の濾胞が形成されている。(眼科診療プラクティスより引用)

 

 

【症状】

濾胞性結膜炎とは、濾胞の形成を伴った結膜炎のことを指します。

濾胞とは、リンパ球を主体とする細胞が増殖してできた反応性組織で、円形に近く、膨れた形をしています。頂点ではなく周辺部から血管が侵入しているのが特徴で、乳頭とは区別されます(巨大乳頭結膜炎 第20回参照)。結膜円蓋部に好発します。

症状としては、通常の結膜炎と同じく、充血、メヤニ、(かゆみ)となります。

 

 

【原因】

急性濾胞性結膜炎の場合は、ウイルスクラミジアが代表的です。ウイルス流行性角結膜炎(はやり目)咽頭結膜熱を起こすアデノウイルス急性出血性結膜炎を起こすエンテロウイルス単純ヘルペスウイルスなどがあります。特殊なものとしてパリノー結膜炎があります。

慢性濾胞性結膜炎の場合は、トラコーマ伝染性軟属腫(ポックスウイルス)による結膜炎、点眼薬の長期使用による薬物中毒性結膜炎などがあります。

 

 

【治療】

それぞれの原因に応じた点眼薬を使用します。抗生物質(抗ヘルペスウイルス薬)を使用し、炎症の程度に応じて抗炎症薬を併用します。

クラミジアの場合には抗生物質の眼軟膏を使用し、内服薬を併用することもあります。

 

 

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加