眼瞼皮膚炎(よくある目の病気 12)

シリーズ 「よくある目の病気」

12回目は眼瞼皮膚炎(がんけん ひふえんです。

【症例】

996368_20170412_122150_スリット_N_001

47歳男性。アトピー性皮膚炎あり。

下まぶたの腫れ、かゆみ、めやにを訴えて来院された。

広範囲に炎症を起こしている。

996315_20170325_114515_スリット_N_001

73歳女性。

上まぶたの腫れ、かゆみを訴えて来院された。

2週間前にも同じ症状になり、繰り返すという。

まぶたの皮膚側に炎症を起こしている。

【症状】

目の周りの皮膚部分(まぶたの表面側)に発赤(赤くなる)、腫れ、小水疱(しょうすいほう 小さな水ぶくれ)、などができます。かゆみ、場合によっては痛みが出ることもあります。

【原因】

いくつか原因があります。

アレルギー性

薬物、化粧品、植物、点眼薬や軟膏の防腐剤など。

② 感染性

ヘルペスウイルスなど。

③ アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者さんで、目の周りに炎症を起こす頻度は高いです。

【治療】

原因に合わせて、治療法を変えます。

① アレルギー性

アレルギーを引き起こしている原因物質を特定(パッチテストなど)します。

ステロイド眼軟膏や抗アレルギー薬の内服投与など。

② 感染性

ヘルペスウイルスが疑われる場合は、抗ヘルペスウイルス薬の眼軟膏、及び内服薬。

その他細菌性などが疑われる場合は、抗生物質入り眼軟膏を使用します。

③ アトピー性皮膚炎

抗生物質ステロイドの両方入った眼軟膏をよく使用します。

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加