眼角眼瞼炎(よくある目の病気 11)

シリーズ 「よくある目の病気」

第11回は、眼角眼瞼炎です。

眼角(がんかく)とは、目頭と目尻のことをさします。

眼科では、目頭を内眼角、目尻を外眼角とよんでいます。

眼角眼瞼炎とは、この眼角部に起こる炎症のことをさします。

眼瞼皮膚は、人体の中でも皮膚の厚みが最も薄いと言われおり、元々、炎症や腫れが起こりやすい部分です。高齢者アトピー性皮膚炎患者さんによく起こる病気です。

【症例】

994710_20161227_100503_スリット_N_001

54歳女性。左眼の外眼角に炎症が起こっている。

まつげも当たっていた。

993717_20150710_113610_スリット_N_001

78歳女性。両眼の外眼角に炎症が生じていた(写真は左眼)。

 

【症状】

痒み(かゆみ)ヒリヒリするような痛み発赤(赤くなる)、腫れ眼脂(めやに)などが挙げられます。

【原因】

原因としては、感染性によるものと非感染性のものに分けられます。

感染性によるものとして、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が原因として挙げられます。

非感染性によるものとしては、アトピー性皮膚炎、薬品・化粧品によるアレルギー、まつげが継続的に当たることによる物理的刺激、などがあります。

【治療】

病変部に抗生物質入りの眼軟膏を塗布します。

また、抗炎症薬入りの眼軟膏も有効です。

抗生物質の点眼薬を併用することもあります。

再発防止にはビタミンBの内服も有用とされています。

高齢者では清潔指導、まつげが当たっている人ではまつげの抜去を行います。

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加