マイボーム腺炎、マイボーム腺梗塞(よくある目の病気 9)

シリーズ 「よくある目の病気」

第9回目は

マイボーム腺炎 (マイボームせんえん)、および、

マイボーム腺梗塞 (マイボームせんこうそく) です。

まぶたの中に瞼板という固い板状の組織があり、この瞼板の中にマイボーム腺という分泌腺があることは、第7回でお話した通りです。(第7回 霰粒腫参照)ここで作られた油分は、涙の表面に油の層をつくり、涙の蒸発を防いでいると考えられています。

マイボーム腺が炎症を起こすことを、マイボーム腺炎といい、

マイボーム腺が詰まることを、マイボーム腺梗塞といいます。

【症例と症状 マイボーム腺炎

SCN_0008図1炎

※眼疾患診療ガイドより抜粋

マイボーム腺の開口部がやや隆起している。

まつ毛の生え際の内側にマイボーム腺の開口部があり、小さな点のような穴が、上眼瞼に約50個、下眼瞼に約25個並んでいます。

マイボーム腺からは、正常では透明な分泌物がでますが、炎症が起きると黄みがかった油状の分泌物が出て、マイボーム腺の開口部がやや隆起します。

炎症が悪化すると内麦粒腫になる場合もあります。(第8回 麦粒腫参照)

【症例と症状 マイボーム腺梗塞

994944_20170411_172945_スリット_N_001

47歳女性。

マイボーム腺内に白い塊が生じている。数箇所ある。

 

マイボーム腺炎で濃厚になった分泌物が排出管の中で詰まると、マイボーム腺の開口部に小さな、白色~黄色の塊ができます。自覚症状がない場合が多いですが、ゴロゴロ異物感といった症状がでる場合もあります。

また、周囲に炎症をもたらし、悪化すると、霰粒腫につながる場合もあります。(第7回 霰粒腫参照)

マイボーム腺が炎症をおこしたり、詰まることによって、涙液を正常な状態に保つことができず、角膜が乾燥を起こし、角膜に傷が出来る場合もあります。

【原因】

・加齢により、油を押し出す力が弱くなる。

・アイメイクでマイボーム腺の開口部を塞いでしまう。

・体質でマイボーム腺が詰まりやすい方がいる。

 マイボーム腺加工後

※日本眼科学会HPより抜粋

【治療】

軽度の場合、眼瞼を温めたり、眼を閉じた状態でまぶたの上から指で円を描くようにマッサージをします。

周囲が腫れたり炎症がひどくなると、点眼治療を行ったり、マイボーム腺梗塞が重症化すると摘出手術を行う場合があります。

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加