麦粒腫(よくある目の病気 8)

シリーズ「よくある目の病気」

第8回は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)のお話しです。

一般的には、「ものもらい」 「めばちこ」 「めいぼ」などと呼ばれる(地域によって異なる)ものです。

前回お話した霰粒腫(さんりゅうしゅ)と似ていますが、異なる疾患です。

【症例】

麦粒腫2

※「目で見る眼疾患」より抜粋

【症状】

眼瞼(まぶた)の痛み発赤(皮膚が赤くなる)腫脹(まぶたの腫れ)などを伴い、化膿が進むと膿がたまります。比較的若い年代に多いのも特徴です。

【原因】

麦粒腫3

「目で見る眼疾患」より抜粋

眼瞼にある眼瞼内分泌腺の細菌感染による化膿性の炎症です。

眼瞼内には分泌腺があり、眼瞼内の外側にあるZeis腺(脂肪を分泌する脂腺)やMoll腺(汗を分泌する汗腺)、まつげの根元に炎症をおこしたものを外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)といいます。

内側のマイボーム腺Meibom腺。涙の蒸発を防ぐ為の油分を分泌する脂腺)に炎症をおこしたものを内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)といいます。

【治療】

抗生物質と炎症止めの点眼薬を処方します。

炎症が強い場合には抗生物質の内服薬投与をおこないます。

化膿し膿がたまっている場合には、切開や針でつくなどの膿を出す処置を行うこともあります。

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加