眼瞼下垂(よくある目の病気 4)

シリーズ「よくある目の病気」

第4回は眼瞼下垂(がんけん かすい)です。

上眼瞼(上まぶた)が開きにくく、垂れ下がり、正常の位置より2㎜以上下がっている状態のことを眼瞼下垂といいます。

新生児から高齢者まで発症することがあります。

【症例】

390056_20160617_120237_スリット_N_001

59歳女性。18歳の時から40年以上にわたってハードコンタクトレンズを装用。

上まぶたが下がり、瞳孔(ひとみ)を半分ほど隠してしまっている。

本人はまぶたを上げようと意識しても上がらない。

図2

右眼                                                         左眼

47歳女性。1週間前から左のまぶたが下がるとの主訴で来院された。

左の上まぶたが軽度だが下垂している。

よく見ると瞳孔(ひとみ)の大きさに左右差があり、左の瞳孔がやや小さい。

瞳孔径測定装置で計測しても左右差があった。

(右:4.62mm 左:3.74mm)

図3

右眼                                                         左眼

上と同じ症例。

ネオシネジンという散瞳薬(瞳孔を広げる薬)を点眼して、1時間後の写真。

左の眼瞼下垂が改善し、自力でまぶたが上がるようになった。

さらに瞳孔の大きさが逆転し、右より左の方が大きくなっている。

瞳孔径測定装置で測定しても、瞳孔径が逆転していた。

(右:6.69mm 左:7.69mm)

以上の所見から、ホルネル症候群という病気が疑われる。

【症状】

垂れ下がった上眼瞼が瞳孔にかかると、視界が悪く、見えづらくなります。

眼瞼を開くのに、眉毛をあげておでこの筋肉を使うようになったり、顎をあげて見るようになると眼精疲労肩こり頭痛といった症状がでる場合があります。

外見を気にされる方もいます。

眼瞼下垂0

※「眼疾患診療ガイド」より抜粋

【原因】

眼瞼を開ける時に使う眼瞼挙筋(がんけん きょきん)という筋肉が正常に動かない、周りの組織との結合が弱まるといった事で起こります。

眼瞼下垂の80%が先天性です。

後天性では、

加齢

コンタクトレンズの長期装用(特にハードコンタクトレンズ)における摩擦

動眼神経麻痺

重症筋無力症

ホルネル症候群

などが考えられます。

眼瞼下垂3

※「目で見る眼疾患」より抜粋

【治療】

重度の眼瞼下垂になると、眼瞼挙筋を縫う、縮めるといった手術を行います。

先天性の場合、視力発達の妨げになり、弱視斜視を引き起こす可能性があるので、早期治療が必要です。

(監修  京橋クリニック院長  佐々原 学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加