第2回 はやり目(流行性角結膜炎)に注意!

流行性角結膜炎 33歳男性 アデノウィルス抗原検査にて、強陽性

年末年始、結膜炎が非常に流行しております。

おそらく皆様も疲れが出ているのでしょうか。免疫力も低下しているように思われます。

子どもさんで発症されている方も多いです。

ウィルス性の結膜炎が多いですが、中でもはやり目(流行性角結膜炎に注意です。

白目の充血、めやに(朝起きた時にこびりついている)、耳前リンパ節の腫れ、場合によって目のかすみ、ぼやけ、視力低下も起こします。片眼性のことも多いですが、両眼とも発症する場合も少なくありません。(左右の発症時期に少し差がある場合が多いです。)発症後、コンタクトレンズを継続装用されていると重症化してしまう場合もあります。

周囲の人や家族に目の赤い人がいて、うつされる場合も多いです。

当院にてアデノウィルス抗原検査を実施し陽性となった場合は、周囲の方にうつさないよう御指導致します。ご職業、お仕事の内容によっては、出勤停止になる場合もありますので、診断書を作成致します。

上記の症状で御心配の場合は、早めに受診をお勧め致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加