角膜変性症 (よくある目の病気 60)

「よくある目の病気」

第60回は、角膜変性症 (かくまく へんせいしょう) のお話です。

 

角膜変性症は英語で角膜ジストロフィと言います(corneal dystrophy)。

遺伝性両眼性の病気で、進行すると角膜が混濁し、視力障害に至ります。

多くの種類が存在します。

類似している病名で、角膜変性という病名があります。これは英語でcorneal degenerationと呼びます。

角膜ジストロフィと異なり、非遺伝性で持続性の病気です。

老人環(第58回参照)円錐角膜(第59回参照)帯状角膜変性などがあります。

【症例】

995298_20160606_132108_スリット_N_001

32歳女性。

3年程前から両眼のかすみ、まぶしさ、見えにくさを自覚している。

矯正視力は両眼ともに1.5である。

角膜中央部に散在する混濁を認める(角膜変性症)。

311569_20151014_160432_スリット_N_001

44歳女性。

特に自覚症状はない。コンタクトレンズの検診で通院しているが、視力の変化もない。

両眼ともに矯正視力は1.2である。

角膜中央部に散在する混濁を認める(角膜変性症

【症状】

角膜の混濁

視力低下

まぶしさ(羞明)

異物感

痛み、充血、流涙 (角膜上皮に障害を生じた場合)

 

 

【原因】

遺伝子に異常があり、遺伝子の異常のタイプによって、さまざまなタイプの角膜の異常が生じます。

代表的な角膜ジストロフィとして、

① 顆粒状角膜ジストロフィ

② 斑状角膜ジストロフィ

③ 格子状角膜ジストロフィ

④ 膠様滴状角膜ジストロフィ

⑤ フックス角膜内皮ジストロフィ

⑥ 輪状角膜ジストロフィ

などがあります。

【治療】

視力低下に対しては、表層角膜切除術(エキシマレーザー)表層角膜移植術全層角膜移植術などがあります。

角膜上皮が障害された場合は、角膜保護の点眼剤や、治療用のソフトコンタクトレンズを使用します。

(監修 京橋クリニック院長 佐々原学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加