白内障・緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性

白内障 | 緑内障 | 糖尿病網膜症 | 加齢黄斑変性

白内障とは

白内障の症状
白内障の症状

白内障の症状としては、まぶしく感じる、常にかすんで見える、常にぼやけて見える、常に字が読みにくい、などが挙げられます。
白内障手術は我が国で年間約100万件も行われており、多くの場合、視力の回復が期待できます。
手術の適切な時期に関しては、個々人の白内障の進行度合いと、患者さんの希望を勘案して決めることが多いです。
眼科に定期的に受診されておられれば、手遅れになることはほとんどありません。
ただ、あまりにも眼科受診しない期間が長い場合には、白内障が進行しすぎて、大きな切開の手術法を選択せざるを得ない場合も出てきます。この場合は手術のリスクも上がります。
高齢者で視力低下を自覚されておられる場合は、定期的な眼科受診をおすすめ致します。

当院では白内障が進行して、患者さんが手術を希望される場合には、
北野病院を紹介しております。
大阪では昔から白内障では定評のある大病院ですので、安心して手術を受けてきて頂いております。

緑内障とは

緑内障の症状(視野の欠け)
緑内障の症状(視野の欠け)

目の圧力で視神経が傷つき視野が狭くなっていく病気で、中途半失明原因の第1位の病気です。
40歳以上の20人に1人は緑内障といわれていますが、症状がでていても普段は両目で見ているためなかなか気付かないことも多い病気です。
緑内障の症状としては、見えない場所(暗点)が出現する、または見える範囲(視野)が狭くなるといったものがあります。
通常、緑内障の病気の進行は比較的ゆっくりで、自覚症状が得にくいですが、急性緑内障発作の場合は、急激に眼圧が著しく上がり、眼痛・充血・眼のかすみのほか、頭痛や吐き気を自覚することもあります。


早期発見・治療北野病院大阪市立総合医療センターと連携して治療にあたっています)

緑内障の治療は、薬物療法、レーザー療法、手術療法などがあります。
薬物療法では、緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて点眼薬で治療します。
レーザー治療には2種類あり、1つは虹彩(目の茶色の部分)に孔(あな)をあけて、眼内の房水の流れを変えるというもので、もう1つは線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するという治療方法となります。
手術は、薬物療法・レーザー治療では症状が改善されなかった場合に行う治療方法です。

各治療方法の多くは眼圧を下げることで緑内障の悪化を防いでいます。


40歳を過ぎたら定期的な検査を!

一度緑内障を発症すると、喪失した視野や視力は取り戻すことが出来ず、緑内障の治療はあくまでも進行をおさえるためのものになります。
視神経の障害が軽いうちに治療を開始すれば失明する危険性はかなり少なくなります。
そのため、失明という最悪の事態を防ぐためにも早期発見、早期治療が必要なのです。
ただ、緑内障は自覚症状に気づいた時にはかなり進行している状態であることが多いため、40歳を過ぎたら定期的な検査をお勧めします。


糖尿病網膜症とは

糖尿病の3大合併症は血管症、腎症、そして網膜症です。糖尿病によって失明される方の割合は、近年少しずつ減ってはきておりますが、失明原因としては未だ緑内障に続いて2位(15.6%, 2013年)であり、大変恐ろしい病気です。

糖尿病網膜症は単純型増殖型に分けられ、単純型から増殖型へと進行します。単純型の段階では自覚症状がない場合が多く、増殖型に進行してから初めて視力低下を自覚されることが多いです。増殖型は硝子体出血や網膜剥離、緑内障などを併発し、失明に至る事がしばしばあります。一旦増殖型に進行してしまうと治療が大変困難になりますので、自覚症状の乏しい単純型の段階で眼科受診して発見してもらうこと、そして、増殖型へ進行しないように防止することが重要となってきます。

よって、内科にて糖尿病と診断されたら、眼科も必ず受診するようにしてください。その際、血糖値など血液検査のデータを持参していただけると助かります。内科で「糖尿病手帳」をもらった方は眼科受診の際に持参してください。眼科では「糖尿病眼手帳」をお渡ししますので、内科の先生に見せてください。内科と眼科で連携して治療に当たることが重要です。網膜症の進行を防ぐには血糖値管理のみならず、血圧の管理も重要であることがわかってきておりますので、内科にしっかり受診してまず全身状態のコントロールをしてください。

単純型から増殖型へと進行を防ぐ手段として、レーザー光凝固術があります。これは外来手術扱いとなりますので、高額な治療となりますが、増殖型への進行を防ぐことのできる大事な治療です。当院では最新型のレーザー装置、パターンスキャニングレーザーPASCALを導入し、積極的に治療に当たっております。手術を受けられる際は、担当医の説明をよく聞いて受けるようにしてください。

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性の症状(中心部のゆがみ)
加齢黄斑変性の症状(中心部のゆがみ)

網膜の中心部である黄斑部に異常な新生血管が生じ、物が歪んで見える、真ん中が黒く見える等、見えにくくなる病気です。
年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積して、黄斑部が障害されていきます。
中途失明原因の第4位で50歳以上の人の約1%にみられる病気です。高齢者の増加に伴って患者さんの数が増えています。
加齢黄斑変性には萎縮型と滲出型の2種類があり、萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していきます。
滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下または網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害されていきます。


早期発見・治療北野病院大阪市立総合医療センターと連携して治療にあたっています)

加齢黄斑変性の場合、視力検査、アムスラー検査、眼底検査、造影検査などを行い、正しく診断します。
加齢黄斑変性の治療方法としては、薬物治療、光線力学的療法、レーザー凝固などがあります。
薬物治療は、血管内皮増殖因子(VEGF)を阻害して脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。
光線力学的療法は光に敏感な光感受性物質を点滴し、新生血管に集まった時に弱いレーザーを照射する治療法です。
レーザー凝固は脈絡膜新生血管が黄斑の中心から離れた場所にある場合のみの治療法です。強い出力のレーザー光線で病変を凝固し、破壊します。

加齢黄斑変性になる可能性が高くなる原因としては、加齢以外では喫煙、遺伝と言われています。
また、長時間太陽を浴びることが多い方や肥満(高脂肪食、運動不足など)の方もリスクが高いと指摘されています。

加齢黄斑変性の重症化を防ぐには早期発見が欠かせませんが、片方の目に異常があっても両眼で見ているため、もう片方の目がフォローし、なかなか気づかないことが多いです。
自覚症状がなくても眼底検査をおこなうと、網膜への老廃物の蓄積や網膜細胞の色素異常が発見されることがあり、加齢黄斑変性の前兆の1つといわれていますので定期検査が早期発見に役立ちます。
加齢黄斑変性は両眼ともに発症し、失明する可能性もありますので、早期発見、早期治療のため定期的な検査をお勧めします。


京橋眼科クリニックへのアクセス・地図

〒534-0024
大阪市都島区東野田町2丁目9−12 松和京橋第2ビル4F
(JR,京阪、地下鉄の各種京橋駅から徒歩2分)

バスで御来院される場合
㉛㊱系統:京橋北口停留所から徒歩2分
(城東区、北区より御来院の場合)

当院はバリアフリーで、
車イスの方も安心して御来院いただけます。

京橋クリニック 眼科

TEL:06-6352-9028

松和京橋第2ビル外観
裏入口(京橋駅側)
松和京橋第2ビル外観
表入口(国道一号線側)
コンタクトレンズギャラリー京橋店
コンタクトレンズギャラリー
京橋店(国道一号線側)
松和京橋第2ビル外観
外観(京橋駅側)

視能訓練士常勤で在籍 眼科ドック