3D-OCT 2000 FA Plus 3次元光干渉断層計

3D-OCT 2000 FA plus

3D-OCT 2000 FA Plus 3次元光干渉断層計
3D-OCT 2000 FA Plus 3次元光干渉断層計

OCT(光干渉断層計)は今や眼科診療になくてはならない必須の検査機械です。

網膜の断面像を非侵襲的に(傷つけることなく)描出することができ、
病気の診断、治療に欠かせません。

近年のOCT技術の発展に伴い、高速撮影が可能となり(スペクトラルドメイン)、3次元画像も描出できるようになりました。

黄斑円孔黄斑上膜の診断はもちろん、
加齢黄斑変性中心性網膜症などの黄斑疾患の診断・治療に
必須の検査となっております。

また、糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症など、
黄斑浮腫や漿液性網膜剥離を来たす病態においても、
その診断や治療効果の判定などにおいて必須の検査となっております。

緑内障においては、視神経線維の厚みを定量することができ、
診断の補助や病気の進行度を診るのに大変有用な検査であります。

さらに、3D-OCT 2000は網膜のみならず角膜や前房の状態も
描出することができ、角膜厚の測定も可能となっております。

当院の3D-OCT 2000 FA plusはOCT測定機能に加えて、造影検査も可能であり、
糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症加齢黄斑変性中心性網膜症ぶどう膜炎などの
網膜・脈絡膜の血管に異常を来たす疾患において、その診断・治療に大変有用であります。

さらに、自発蛍光撮影モードが搭載されており、加齢黄斑変性などの加齢を原因とする疾患において、
網膜色素上皮の機能を推定することが可能であります。

京橋眼科クリニックへのアクセス・地図

〒534-0024
大阪市都島区東野田町2丁目9−12 松和京橋第2ビル4F
(JR,京阪、地下鉄の各種京橋駅から徒歩2分)

バスで御来院される場合
㉛㊱系統:京橋北口停留所から徒歩2分
(城東区、北区より御来院の場合)

当院はバリアフリーで、
車イスの方も安心して御来院いただけます。

京橋クリニック 眼科

TEL:06-6352-9028

松和京橋第2ビル外観
裏入口(京橋駅側)
松和京橋第2ビル外観
表入口(国道一号線側)
コンタクトレンズギャラリー京橋店
コンタクトレンズギャラリー
京橋店(国道一号線側)
松和京橋第2ビル外観
外観(京橋駅側)

視能訓練士常勤で在籍 眼科ドック